M-A-S MR2

kandmasa.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映画批評 あ行 ( 53 )

男はつらいよ

…にはまった

記事は後ほど
という事で感想書こうとおもったけど作品数が多いので
サクッと簡単に書いていこうと思います。

では、とりあえずここからは第一作目の「男はつらいよ」の感想

第一作目ということもあってか寅さんが本物のヤクザぽかったけど
それでもこの後から続くシリーズの流れの基礎になった素晴らしい作品でした
登場人物も
寅さんもサクラもおいちゃんにおばちゃん、博やその父親(諏訪○一郎^^;)
タコ社長、御前様などといっぱい出てきますがそれぞれがほんっとに魅力いっぱいで
もー最高!
って感じでした^^
このラストを観終わった後とても清清しい気持ちになれました!
やはり志村喬さんは味のある最高の役者さんだと思います^^
あと御前様(笠智衆)の『バター!』これ爆笑でした!

すでに4話(うちBSで2話)観ましたがまだ44作品もある!!
とりあえず1年くらいで全部制覇したいと思います^^

Masaの勝手な評価:★★★★☆



追記
自宅のPCがついに壊れた、、orz
でも更新はほかのPCでやる予定でいます
[PR]
by Kaworinlove55 | 2006-04-09 23:49 | 映画批評 あ行

アサルト13 要塞警察

b0068613_9112432.jpg

※ちょい前の記事ですがUP
オリジナルはジョン・カーペンターの『要塞警察』(日本未公開)

こちらはそのリメイク作品っぽい

数名の登場人物の必要性がよく分かりませんでした(^-^;)
映画全体はできるだけドラマをカットしてアクション寄りに作ったようですが
それなら後で話が繋がってきそうな意味深なシーンは見せないで下さい(笑)

敵に撃たれたオチャンなんか「こいつが段々足を引っ張るんだろなー」
などと考えていたらその後5分くらいであっさり死んじゃうし^^;

上映時間をもうちょっと長くしても最低なんでこうなったのか
という説明がほしいシーンはいくつかありましたね
あと敵は完全武装なのに少々弱すぎな気が・・

と、ツッコミ所多数といった感じでしたが、、

アクション自体はなかなか面白かったです^^


Masaの勝手な評価:★★★
[PR]
by Kaworinlove55 | 2006-04-05 09:08 | 映画批評 あ行

アモーレス・ペロス

b0068613_0471931.jpg

これ以前、ネットでタランティーノの再来!とか書かれてて知った作品です

で、借りてきた時は作品自体の予備知識とかまったく無しで観たのですがよかった

どこら辺がというと

まず映像から滲み出るリアルさと緊張感、以前見た「シティ・オブ・ゴッド」を思い出した
やはりこれがラテンのノリというやつなのか・・・かっこいい
あとワンコがかわいかった。しかもこの映画のカギ(バトン)的存在かも!
でもあのシーンとかは当然麻酔だよね!?

話は三部構成になっているのですが脚本の練り方が半端じゃないっすね!
よくこんなの考えたと思うわ
むしろ3つのエピソードはタラちゃん作品以上によく出来てた
そして2時間半もある作品ながら観ている人を飽きさせないテンポの良さ
監督としての力量も凄いと思います

構成でいうとパルプフィクションにちょっと似ているのですが
彼のように軽いおしゃべりが楽しい創りの映画ではないですね、これ
結構重めで深い深い作品でした
バイオレンスもので痛い表現もありますけどどっちかというと精神的な痛みの方が大きい
ので映画は楽しくなきゃとか精神的にへこんでる方は観ない方がいいね
自分の場合もスナッチとかパルプ的なものをイメージしていたので
少々驚かされました^^;

あーでもこれ自分はむしろ嫌いじゃなく、好きな作品です
ホントよく出来てます、凄い!

ちなみにこの監督って「21グラム」と同じ方なんですね
今、知りました

Masaの勝手な評価:★★★★☆

Amazon アモーレス・ペロス
[PR]
by Kaworinlove55 | 2006-03-15 00:39 | 映画批評 あ行

アメージング・ハイウェイ60

b0068613_21271413.jpg

ある時一人の青年ニール・オリバーが
過去と現在と未来が混在した不思議な世界へ迷い込み
そこで色々な人生を経験し成長してゆく

って感じのファンタジーものです

うん、特に悪いところもなくまぁまぁでした

ただもう少しラストの展開に捻りがあるとよかったです
ちょっと王道過ぎました
旅の途中で巡る場所や登場人物は変わったもの(や人)ばかりで印象に残ってます
一番よかったのはやはり法廷とダイナマイトマンでしょうか!

青年ニール・オリバーに大きく関わってくるO・W・グラント役のゲイリー・オールドマン
彼はなかなか捻くれてて良かった!
風貌も赤い蝶ネクタイに猿模様のパイプをくわえてたりと面白い^^)ノ

悪役もいいけどこういう役も結構イケてました


Masaの勝手な評価:★★★☆

Amazon アメージング・ハイウェイ60
[PR]
by Kaworinlove55 | 2006-03-12 21:27 | 映画批評 あ行

アンデッド

b0068613_0039.jpg

こちらは打って変わって
ゾンビ+マカロニウェスタン+SFもの映画

最初は「うわ、なんじゃそりゃ?」でしたが

見終わったあと思ったこと

うん、確かにゾンビ+マカロニウェスタン+SF映画だ。

B級まっしぐらな作品でしたがアイディアが面白いし
きちんと話がとおったのでまずまず楽しめました

あと映像は結構綺麗でしたよ・・・安いけど

ただ、中盤のドラマシーンに関しては少々ダルめ


Masaの勝手な評価:★★★

Amazon アンデッド
[PR]
by Kaworinlove55 | 2006-01-27 23:59 | 映画批評 あ行

生きる

志村さんの演技は凄すぎて恐ろしかった見た後ズシンと来る作品でした

Masaの勝手な評価:★★★★
[PR]
by Kaworinlove55 | 2006-01-17 23:00 | 映画批評 あ行

オープン・ウォーター

b0068613_1892548.jpg

終始怖すぎて心臓バクバク超ー怖うぇぇぇ!

・・・そんな感じではなく

どちらかと言うとじわりじわり来るタイプのサスペンス

しかもサスペンスと言えるほど深い話は無く単に海のど真ん中に忘れ去られるという話で
実際にあった事件?事故?を元に映画化したらしい

しかし
自分はホント怖かった・・

というか怖さを通り越して気持ち悪さを感じてしまったほど・・・(゜Δ゜;)
グロイとかそういうシーンはほとんど無いのですがとにかく辛い(からいではない)
ただ観ているだけでも辛い(からいではない)のに自分がもしあんな状況に置かれたらなどと
観ている間に考えて自分自身でさらに追い込んでいたように思います。

でもこういう暗い作品ぶっちゃけ嫌いじゃないので
どっかの中心で愛を叫ぶより
大海の中心で助けを叫ぶ方がマシです(?)

---まとめ---
海恐怖症の方は絶対観ちゃだめ
シーンとしては小魚が○○の所が一番怖かった。。。
海を侮っちゃいかんね

Masaの勝手な評価:★★★☆

Amazon オープン・ウォーター
[PR]
by Kaworinlove55 | 2006-01-13 18:07 | 映画批評 あ行

男たちの大和

b0068613_22321086.jpg

日本国一億玉砕の為の捨石として大和へ搭乗させられ
15、16歳の幼い少年兵たちは「死ぬ」という本当の意味さえ理解できず
一瞬にして嵐のような銃弾の中で倒れてゆく
そこにはヒーロー映画のような綺麗な死など一切なく悲惨で残酷な死
ただそれだけ

映画としては映像にムラがあったりや演出が過剰気味な点はありましたが
そんな事消し去るほどに戦争の悲惨さ無意味さがストレートに心に響きました

序盤は大和の乗員複数人を主に置き色々なドラマが展開されてゆきます
その中でも反町隆史演ずる森脇庄八や中村獅童演ずる内田守ら下士官と
神尾ら少年兵たちの思いやりのある交流は良かったです
自分は反町隆史って役者としてあまり好きではなかったのですが
これはよかった!

やがて日本の戦況が悪化する中で大和は最前線の沖縄へ行く事になり
乗員らは家族や幼なじみに最後の別れと知りながら会いに行く
このシーンもホントに良かった・・(ノ;)もう涙なしでは見れません。。
劇場内でもすすり泣く声がちらほら
・・・でそれに触発されさらに(泣

そして終盤の壮絶な戦闘シーン
地獄絵図という言葉が一番合うような気がします
これは邦画では初めて味わった程の衝撃でした(そして悲しくて恐ろしい・・)

エンドロールが始まってもほとんどの方が席を立たずに
シーンとしていたのが印象的でした
おれはというとエンドロールの長渕の歌でさらに(T T)詞がはまりすぎ!!

---まとめ---
ぜひ一人でも多くの方に観ていただきたい作品です
傑作!!


Masaの勝手な評価:★★★★☆

オフィシャルサイト 男たちの大和
[PR]
by Kaworinlove55 | 2006-01-08 19:04 | 映画批評 あ行

あの夏、いちばん静かな海

b0068613_23451113.jpg


台詞がほとんどないのに

台詞のある映画以上に心に響きました

だから記事も書かない(手抜きじゃなくて...ね^^;)

興味があったらぜひご覧くださいませ


Masaの勝手な評価:★★★★
[PR]
by Kaworinlove55 | 2005-12-02 00:09 | 映画批評 あ行

宇宙戦争

さすがはスピルバーグ

巨大タコが街中で暴れまわる映像がすばらしい!
人間だけを灰にしてしまうタコスミレーザー(勝手に命名)が強すぎ!!
こういうデザインの宇宙人なんか懐かしくて私的には大好きだ
街が破壊される映像もリアルという言葉がぴったり当てはまると思います

しかもこれ友人の家のでかいTV&5.1ch音響で見れたので
劇場までとはいかないまでも結構迫力を感じられました!

ただ肝心のドラマ部分あれは家族愛が主だったのですかね?
タイトルが宇宙戦争なだけにそれを期待して劇場へ見に行った方は残念だったでしょうね
まーCMは家族愛っぽかったけど・・・

なんというのですか?

結末があっけない・・・

そんな終了間際でチョコチョコっと説明されても

(゜_゜)はい?です。。

危うく聞き逃すところだった^^;・・・そういえば友人はしっかり聞き逃してたな

しかし家族愛がテーマとして見ればそこそこ楽しめるかもしれません。
変わる前の駄目親父っぷりもユーモアがあって面白かったけど
父親が子供と危機を乗り越えてゆくうちにだんだんと
親としての自覚を覚え始めて変わってゆく過程はなかなか良かったと思います^^

ただ親父が娘の為に○○を○するシーンに関してはどうかと
危害を加えられたのならまだしも危険だから○したとしか
あのシーンからは読み取れずあの行動は?でした。
むしろここのシーンはいらなかった。

---まとめ---
CGは本当に凄かった!でもちょいテーマがぼやけぎみかも
それでも最近見たSFものではかなり面白かった方だし
暇つぶしにはちょうど良い作品だと思います
そして大阪人がやたら強いです

Masaの勝手な評価:★★★☆
[PR]
by Kaworinlove55 | 2005-11-26 15:59 | 映画批評 あ行
line

「やっぱりヤマダ電機でかってこよ」


by Kaworinlove55
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30