M-A-S MR2

kandmasa.exblog.jp ブログトップ

トレインスポッティング

b0068613_11431236.jpg

ダニー・ボイル監督の第2作目。(1996年)

<ストーリー>
スコットランドに住みドラッグ中毒のレントン。彼は荒んだ生活を抜け出すため
仲間?と手に入れた大量のヘロインをさばいて一攫千金をねらうのだが。。
最高に明るくて最高に悲惨な若者たちを描いた青春映画。

イギーポップやアンダーワールドなどのノリのいい音楽も
斬新な映像とマッチしていて疾走感もあってとてもおしゃれ!!
だけどこの映画はそれがメインでなく「ドラッグ」これが映画のメイン。

おしゃれな映像に悲惨すぎる彼らの生活をのっける事で悲惨さをさらに強く
印象づけているのだと感じた。
特にレントンの幻覚シーンはすごく恐ろしいのだけどなぜかとてもシュール

しかしその中にイギリス映画だからこそできた映画で決してハリウッドでは
表現できない映像の面白さもたくさんある。
この辺りのバランス取りのうまさは監督の才能を感じました。

まぁ最終的にそれらをどう受けとめるかによって鑑賞後の好き嫌いは
激しく分かれるのでしょうね~^^;


※以下ネタバレ注意です
ラスト、レントンは今までの荒れた生活、周りの仲間を全て捨て
未来を選んだんだけどこの一歩踏み出す勇気こそ大事なのだという事を
監督さんは伝えたかったのでしょうね。
ドラッグに無関係な生活でも当時は10代で心が不安定な自分が
この映画を気に入ったのは多分この辺りの理由が大きいと思う。
久々にもう一度みてみようかな。


Masaの勝手な評価:★★★★

Amazonサイト トレインスポッティング
[PR]
by Kaworinlove55 | 2005-07-14 12:26 | 映画批評 た行
line

自分のブログっていつまで残るんだろう


by Kaworinlove55
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31