M-A-S MR2

kandmasa.exblog.jp ブログトップ

赤ひげ

b0068613_1135940.jpg

を見ました。

内容はなんとなく医師のはなしであるという事だけ知っていて
どこか難しい映画というイメージを持っていてなかなか見てなかったのですが、
観賞後にはむしろ同じようなイメージのある方も絶対に楽しめる作品だと感じた。

3時間もある長編映画にまったく時間を感じさせない脚本にはホント脱帽っす!

なぜならその中には色々なアイディアが含まれていて
医師のドラマだけではなく恋、アクション
見る人を飽きさせないパワフルな展開があるからなんです!!
とくにチンピラVS赤ひげシーンはなんか侍映画に見えます^^
強風と砂埃なんかもあって・・・嬉しい気持ちとともに監督らしくて笑ってしまった^^;

あと、何より長崎帰りのエリート医師・保本登(加山雄三)と赤ひげこと
ベテラン医師・新出去定(三船敏郎)との交流には感動する(TT)
最初は心ならずに配属された小石川療養所と赤ひげに嫌気をさして
逃げ出そうとする保本だが段々と赤ひげの人間性に感化されて成長してゆく様は
とても心温まる気持ちになります^^
自分なんかその場面場面にニヤニヤしてました(怪)

小石川療養所内の映像もすばらしく中の患者にも黒澤らしい
リアルさとユーモアをもった魅力的なキャラクターが多いのも見所の一つです!!

ラストはさらっとしてるけど逆にもっと見ていたい気持ちになりました。
これは文句なし完璧です!!

・・・それにしても赤ひげ強すぎ^^
<ストーリー>
江戸時代末期、エリート青年医師・保本登(加山雄三)は心ならずも貧民たちの
施設・小石川療養所に配属される。しかし、そこで出会った「赤ひげ」の異名をとるベテラン医師・新出去定(三船敏郎)
に感化され、真の人間愛にめざめていく。

Masaの勝手な評価:★★★★★ GOOD!!

っていうかさっき気づいたんですが、いままで評価した黒澤映画は全て★5だった^^;
だからって★を変更なんかは3作品ともできませんけど。

Amazon サイト 赤ひげ
[PR]
by Kaworinlove55 | 2005-07-13 17:33 | 映画批評 あ行
line

「やっぱりヤマダ電機でかってこよ」


by Kaworinlove55
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30