M-A-S MR2

kandmasa.exblog.jp ブログトップ

殺人の追憶

凄いね、ホントにこの作品。

こわすぎる。。

まぁ本当にあった未解決連続殺人事件をもとに制作されたから当然と
いわれれば当然なんですが、ここまで細かく描くか!!と。

登場する刑事も容疑者を拷問をして犯人にしたてあげ様としたり、
下品な言葉が飛び交ったりと観ていてとても戸惑いました。
・・・ですが、民主化運動に揺れる韓国という時代背景をリアルに描こうと
するならばわかる所もあった。(多分、自分の勉強不足だな)

ソウルから来たソ刑事が事件の捜査に参加してからも、同じ事件が次々に起き
「雨の日に赤い服を着た女性」が狙われるや ラジオに同じ曲 がかかると
誰かが殺されるなどの警察内部で噂?も立ち始めます。

やがて、一人の容疑者にたどり着くのだが・・・
ん~この先はあんましネタバレしたくないので書かないですが、
途中笑わせるような場面がありコメディか?とも思いましたが
ラストは鳥肌たつほどの衝撃的な終わり方でした。

実際あった未解決の事件でラストはどの様に描くのかな?
と思っていましたが全体的にもうまくまとまっていました。

ストーリー自体はフィクションですが現実にこのような酷い事件が
起きた事、また未だに犯人が捕まっていないことを考えても
ラストは現実の犯人へ怒りのメッセージだったのでは?
と感じました。

韓国映画の底力を改めて知らされました、すごい!!


Masaの勝手な評価:★★★★ 


Amazon サイト 殺人の追憶
[PR]
by Kaworinlove55 | 2005-03-24 23:42 | 映画批評 さ行
line

「やっぱりヤマダ電機でかってこよ」


by Kaworinlove55
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30