M-A-S MR2

kandmasa.exblog.jp ブログトップ

ぐるりのこと。

ひさしぶりの投稿!

橋口亮輔監督の6年ぶりの新作。

といっても自分は前の作品は見た事なかったんですが



・・・いやー、ひさびさにすっごい映画を観たなと思いました。


というか「すごい」などと一言で表すのは反って失礼ですね、、m(__)m


社会で人が起こした理解不能な事件の数々。
その話をニュースで聞く度
犯罪者も人、人とはここまで酷い事ができるのかと

自分はそんな事はないと、思いつつも同じ人間として生きる意味はなんだろう?

などと考えていた自分の心のもやもやに光を当ててくれるような映画でした。

そう思わせてくれる魅力の1つに、自然な人の描き方があると思いました。
カウリスマキや山下敦弘監督の作品の人物などもそうなんだけど
それとはまた少し種類が違う。

この監督は、人間の陽と陰の部分の描写が見事なまでにリアルで濃い。

そんなだから観ている内に辛いシーンではぐわっと心をえぐられて、観ている本人も本当に辛くなる。
逆に嬉しいや楽しいシーンがあると、登場人物が感じた幸せが、リアルに深く心に沁みわたるのです。

終盤なんか桜の花を映っただけなのに泣けてきた(笑)

なんか、とある夫婦のドキュメンタリーものでも見ているかの様な感覚でした。

ストーリーだけ読むと昔ながらの・・って感じですが
この映画は他に類を見ない、この監督だからこそ生まれた作品なんだと感じました。

もう一度言います(笑)

ほんっとに素晴らしい映画でした。

自分の人生の支えの1つになる事は間違いない。
そこまで断言しても良いほど、まさに「救い」の映画でした。

DVDは昨日届きました。
&久しぶりの長文投稿でした。

Masaの勝手な評価:★★★★★(満点の他つけようがないです。)
[PR]
by Kaworinlove55 | 2009-03-13 21:25 | 映画批評 か行
line

「やっぱりヤマダ電機でかってこよ」


by Kaworinlove55
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31